topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

被災地からの手紙が届きました。 - 2011.06.15 Wed

2011_0615 バドッ子支援の会・活動報告

4月22日に被災地からの一通のメールのSOSを受けてから、用具の支援を全国へ募り、沢山の方々からラケットをはじめウエアやシューズ、Tシャツ、シャトル・・・
沢山の物資をお預かりし、被災県である岩手・宮城・福島の3県に全7か所の受け入れ窓口を設置し、物資の送付を行っております。
まだまだ道半ばではありますが、各団体からのまとまった物資支援の申し出もあり、これまでお送りした主な用具の総数は以下の通りです。

<2011_0615現在>
 ・ラケット/130本+39本(送付準備中)
 ・ウエア/ 342着+78着(送付準備中)
 ・短パン・スコート/ 225着+42着(送付準備中)
 ・シューズ/ 63足+37足(送付準備中)
 ・Tシャツ(練習着)/ 425着+141着(送付準備中)
 その他お預かりしました新品の靴下やノック球、グリップテープやタオル、
 冬を迎える前に必要なウォームアップやトレーナー・・・様々な道具の数々


詳細は「支援の要請・掲示板」にて、スレッドにて支援者と送付先がわかるように随時追記していますので、一度ご覧ください。
 バドッ子支援の会/支援の要請・掲示板

全国5か所の有志でお手伝いいただいている各「集積地」の担当者にて、一つづつ検品しながらサイズごとに集計し、大きなサイズは高校生へ、小さいサイズジュニアへ・・・と、送付先を選別しながら、活動を継続しています。

また、集積地の有志担当者のみなさんは、もちろんボランティアで立候補してくれた方々です。
仕事や練習(指導)の合間に、夜の睡眠を削って手伝ってくれています。
お預かりした大切な物資皆さんの思い(メッセージ)を、必要としている被災地のバドッ子たち「必要としているタイミング」に間に合うように・・・・と、頑張ってくれています。

 活動有志の皆さん、本当に・・・本当に有難うございます。

そんな中で、6月に入り被災地の方々のお礼のメッセージが沢山届いています。
あくまでボランティア活動ですので、それを望んではいませんし、望んではならない事を解っていて始めたこの活動ですが、そのような被災地からの言葉を戴いた時はさすがに元気が出ます。^^

戴いた方からの了解を得て、アドレスの判る支援戴いた方々へのみ、メールにて画像や写真を送付し、随時ご報告させて戴いております。

その中で、ブログでの紹介を快諾戴きましたジュニアチームのお手紙を、支援者の皆さまへこの場を借りてご紹介させていただきます。

>>>>>>>>

2011_0615
<宮城県・田子ジュニアの皆さまから>

IMG_2083_270.jpg tqgo_jr_2011_0611_01_270.jpg 

被災バドミントン選手支援の会
代表 高嶋誠司 様


 この度は東日本大震災に際し貴会から多大なるバドミントン関連物資を
お送りいただき誠に有難うございました。
 全ての選手が被災地の仙台市宮城野区に在住しておりましたが、
幸い田子ジュニアバドミントンの選手・父兄に人災はありませんでした。
一方、半数の選手の家屋は全壊や床上浸水で被害を受け、避難所生活を
余儀なくされておりましたが、現在は自宅の修理や転居等で普通の生活に
戻りつつあります。
しかし、連日余震が続き、揺れるたびにメンタル面での対応が心配な今日この頃です。

 お陰様で、5月の連休明けから小学校の体育館が使用でき、声を出して元気に練習に
励んでおり、目標の全国大会出場を目指し頑張りたいと思います。
 選手のラケット、ウエア、短パン、シューズ、ラケットバッグ等は悪臭で使用できず、
物資が届けられた時には歓声を上げて自分に合うサイズを探し、喜んでおりました。
 配布した際の選手の喜んでいる写真とお礼の色紙を同封いたしましたので
お受け取りください。
 近況をご報告し御礼とさせていただきます。
 有難うございました。

平成23年6月14日
田子ジュニアバドミントンクラブ
監督 湯村治夫

>>>>>>>>>>>>

湯村監督、こちらこそありがとうございました。
逞しい元気な子供達の声は、支援してくれている全国のバドッ子たちへと伝わっていると思います。

僕らの活動は「単なるモノ」を被災地へ運ぶ活動ではありません。

被災地を思う、支援してくれているバドッ子たちの思いや声を、道具へ乗せて届けること。
それが大切なことだと考えています。

それは大切な道具を預けてくれた方々の、新たなオーナーへの橋渡しと同時に、いつかどこかで同じコートに立つ事になるかもしれない同世代のバドッ子たちの出会いを大切にしたいという思いからです。

ある被災県の家族を失った高校生からの手紙に書かれていた言葉です。

「この環境の中でバドミントンができる喜びを感じながら
  ご支援くださった用品を大切に使って行きたい・・・」

これからも、つらい思いをしている被災地のバドッ子へ、全国の元気を届けてあげたいです。

夏物の用具に関しては、大量に送る段階はもうじきに一旦の終息をみると感じます。
これからはさらに一歩進んで、
「避難先で道具が無くて困っている・・・」
そんな一人でも多くのバドッ子たちへ思いを届けなければと感じています。

活動はまだ始まったばかりです。

これからも全国の有志の皆さんのお力を微力な私へお貸しください。
宜しくお願い致します。

2011_0615
被災バドミントン選手支援の会
代表 ・ 高嶋 誠司

>>>>>>>>>>>>>>>>>>

被災地からの支援要請の声、全国各地からの支援提案をお待ちしています。
Banner_450.jpg  
badsien_siennokoe.jpg badsien_sienteian.jpg 

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://michipapa2008.blog59.fc2.com/tb.php/14-8a979913
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

新たな支援要請が届きました。 «  | BLOG TOP |  » 支援メニュー01「ラケット1000本を被災地へ!」経過報告1

プロフィール

michipapa2008

Author:michipapa2008
-バドっ子支援の会とは
-活動規約

-支援の要請・掲示板

-支援の提案・掲示板

支援メニュー01
 「ラケット1000本を
      被災地へ!」


-用具収集実施大会・一覧
~随時追加更新~


2011_0502_NEW!!
新たに福島集積地追加!
-用具の集積地リスト
~随時追加更新中~


-活動支援金口座の開設
/2011_0428

-連絡メールアドレス
michi_papa_2008@yahoo.co.jp

最新記事

カテゴリ

被災支援 (6)
活動告知 (9)
未分類 (1)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。